★2015日语等级考试单词学习:补格助词“に”的

ubg197 2016-03-15 19:06

【网络综合 - 日语品级测验】
1,变革功效

  事物颠末变革,由一种事物酿成了另一种事物。这里有2种环境:

  ① 客观地描写事物的变革,可能说客观地气力促使了事物的变革,日本货源 ,用“名词+になる”的形式。

  「大学を卒業して、教師に(变革功效)なりました。」

  “大学结业后,当了西席。”

  「出張でシャンハイに行くことに(变革功效)なった。」

  “因为出差,要去上海了。”

  ② 颠末本身主观尽力完成了这个变革,用“名词+にする”的形式。

  「来週外洋へ观光に行く事にしました。」

  “抉择下周去外洋观光。”

  「今後火曜日を日本語の勉強日にする。」

  “我抉择此后把礼拜二定为日语进修日。”

  ③用 “名词+になっている”和“名词+にしている”的形式来别离暗示“划定和制度”以及“本身抉择后一直执行”。

  「学校は、夜12時に校門を閉める事になっている。」

  “学校划定午夜12时关门。”

  「私は毎日2時間日本語を勉強する事にしている。」

  “我天天都进修日语2小时。”

  2,往复的目标

  在移动动词的前面暗示移动的目标,名词或动词连用形后头加 に再加动词。

  「町へ買い物に(移动的目标)行きます。」

  “上街去买对象。”

  「レストランへ食事をしに(移动的目标)行きます。」

  “去餐馆用饭。”

  「忘れ物を取りに(移动的目标)家へ帰りました。」

  “回家去取忘遗忘了的对象。”

  「先生の授業を聞きに(移动的目标)学校に来ました。」

  “到学校来听老师授课。”

  3,较量的工具

  这个形式主要用于举办较量。可是和“より”差异,是暗示对付一些事物的本身的本领。

  「私は寒さに強い。」

  “我不怕冷。”

  「あの人は酒に強い。」

  “那小我私家酒量大。”

  「彼は自分に厳しい。」

  “他对本身很严格。”

  「あの母親は子供に甘い。」

  “谁人母亲对孩子太宠爱。”

  「私は歴史に弱い。」

  “我不擅长汗青。”

  从这些例句可以看出:固然日语的形式是基内情同的,可是翻译成为中文后就很纷歧样了。这里就有日语有日语的形式,中文有中文的形式,绝对不是一样的。

相关推荐:
2015日语品级测验阅读素材(1)

【2】